【石油系? 石鹸系? アミノ酸系? ハーブガーデンはどれなの?】

石油系? 石けん系? アミノ酸系? ハーブガーデンはどれなの?

悩む女性

 

ハーブガーデンシャンプーを始めとしたシャンプーは、洗浄力を生み出す界面活性剤の種類に応じて3〜6種類程度で紹介されることが多いです

 

 

高級アルコール系シャンプー

 

石けん系シャンプー

 

アミノ酸系シャンプー

 

 

といった3つから、

 

 

石油系

 

天然系

 

脂肪酸エステル系

 

ベタイン系

 

ノニオン系

 

 

などなど数え出したらきりがありません

 

 

しかも、一般人がネットなどで調べてみてもワケがわからないことが多く、書いてある情報に統合性が無いことなんてザラです

 

 

なのでこのページでは
専門家である医師あるいは美容師が記述したと思われる情報のみを集めましたので
最低限覚えておきたい3種類のシャンプーについて一緒に考えていきましょう

 

 

その3種類とは、最初に書いてある

 

高級アルコール系

 

石けん系

 

アミノ酸系

 

のことです

 

高級アルコール系シャンプーとは?

 

 

市販のシャンプーに最も多いのがこのシャンプーです

 

 

髪に気を使うあなたにとっては特に避けた方が良いシャンプーでもあります

 

 

市販品の9割近くがこのシャンプーだとも言われていますが、仕方ないのです
市販のシャンプーは売れなくては在庫が残り経費がたくさんかかってしまうため
万人受けするように作られているのです

 

 

性能が高いために値が張るアミノ酸系シャンプーは万人受けとは言いがたいため、
通販ばかりになってしまうのです

 

 

高級アルコール系シャンプーは
脂肪酸による天然系と、
石油系があります

 

また、話題となったラウレス硫酸Naなども、このシャンプーのことですね

 

 

さて、この高級アルコール系シャンプーですが、

 

「高級ってくらいだからお高いんでしょう?」

 

 

と思われたかもしれませんが、
アルコールに含まれる炭素数が多いか少ないかで高級・低級という分類になっているだけですので価格のことではありません
ただ、炭素数が多いほど泡立ちがよくなります

 

 

このタイプのシャンプーは洗浄力が強いため刺激が強く
ヘアケアに気を遣う人からは避けられる傾向が強いです

 

石けん系シャンプーとは?

 

 

石けん系シャンプーとは、その名の通り誰もが思い浮かべるような四角形の石けんです

 

 

洗浄力が強い上にアルカリ性なので
必要以上の皮脂までとってしまう可能性があります

 

 

また、弱酸性の肌がアルカリ性寄りになってしまい戻るのに少し時間がかかるため
敏感肌の人などは特に避けるべきものです

 

 

ただし、毛穴までしっかりと洗えるため、アミノ酸系シャンプーでは洗浄力が足りないという人に向いています

 

 

天然由来の成分なので、高級アルコール系より自然に優しいシャンプーです

 

 

アミノ酸系シャンプーとは?

 

 

主に美容院で使われているシャンプーで
ハーブガーデンシャンプーなどが当てはまります

 

 

ヘアケアに気を使う人が注目しているのが、このアミノ酸系シャンプーです

 

 

髪と同じアミノ酸系の界面活性剤を使用することで刺激を最小限に抑え、
石けん系と同じく天然由来にすることで自然志向の人でも向いています

 

 

刺激が弱いため、特に肌が弱い人や乾燥しやすい人向けと言えるでしょう

 

欠点としては、洗浄力が他の2つに劣ることです
肌や髪質が健康で、しっかりと洗いたいという人は高級アルコール系か石けん系を選びましょう

 

 

 

 

アミノ酸系シャンプーが欲しいなと思った人は
アミノ酸成分が多数配合されているハーブガーデンシャンプーについて詳しく考えてみてはどうでしょうか?

 

 

ハーブガーデンシャンプーで気になる5つの要素